2023年 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2023年 02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
[BOARDLIST_5_180_/images/250/leftdot.gif]
 
 
 
 
 
 

トップ > シングル*まろやか > 台湾 > Direct trade*台湾阿里山卓武山珈琲農場[パープラセンス/ウォッシュ]100g

Direct trade*台湾阿里山卓武山珈琲農場[パープラセンス/ウォッシュ]100g


[品種:パープラセンス /精製:ウォッシュド]
Rose , Hibiscus , Red apple , Molasses , Spice , Juicy , Sweet


この品種は紫の葉のコーヒーです。台湾の中でも標高が高い地域でないと実をつけにくいこともあるようで、卓武山農場でも一番高い場所にあります。高い標高が織りなすユニークな風味が素晴らしいコーヒーです。
==============================


台湾阿里山の中でも南に位置する標高1200mに卓武山農場はあります。この農園の許(シー)さんとの出会いは、8年ほど前、阿里山に通うようになって数年がたった頃、沖縄に旅行で来ていた許さんがpotohotoに立ち寄ってくれたのがきっかけ。その後、農園を訪問すると研究熱心で真摯(紳士でもあります。とってもジェントルマン!)な許さんとその珈琲の素晴らしさ、木々、山々に惹かれその後、毎年訪問させていただいています。2019年には許さんが沖縄に来た際には、台湾ドキュメンタリー放映とトークショーイベントを行うなど交流が続いています。そして先日11月21日-24日、3年ぶりの台湾産地訪問に行ってきました。コーヒー産地の空気は独特のオーラがあり、卓武山農場の許さんの話をたくさん聞くことができ、足を運べてよかったと改めて感じる滞在でした。台湾のコーヒー展示会にも参加し、台湾の産地の盛り上がりを肌身に感じてきました。

>>>「COFFEE MY PASSION(台湾コーヒードキュメンタリー)」
↑potohotoと台湾のコーヒーの繋がりから台湾のコーヒー文化・素晴らしい自然・素晴らしい人々を感じることができるドキュメンタリーです。ぜひご覧ください。(約30分)
==============================
<精製違いで2種登場します>※この商品はウォッシュ精製です

*精製とは・・・コーヒー豆は本来コーヒーのチェリー(赤い実)の種の部分を精製したものが生豆として産地から届きます。つまり精製は収穫後産地にて行われる、生産者さんの技術による部分となります。この精製、方法、技術によっても味わいを大きく左右する工程になります。

*ウォッシュ・・・実を剥ぎ粘質(ミューシレージ)を水で洗い硬い殻(パーチメント)の状態で乾燥させる方法です。素材の本来の味わいがしっかり味わえる精製です。
*ナチュラル・・・赤い実をつけたまま2−3週間程度乾燥させた後、実とパーチメントを取り除く方法です。果肉の甘さが種(豆)にうつり、素材の味わい+果肉の甘さはナチュラル精製ならではです。

==============================

価格 : 円 (税込)
数量
 

台湾

品切れ
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ